エステティシャンとして、女性としてステップアップできる会社

大地の恵み、温泉のパワーで身体も心も癒してくれるサロン「木火土金水(もっかどごんすい)」。店長の横山直子さんに、エステティシャンという仕事について聞きました。

本物の技術を身に付けたくて

私は一度エステの仕事を諦め、他の道に進んだこともありましたが中途採用でトプカピへ入社しました。直接お客様の肌に触れ気持ちも感じ取り結果に導くというやりがいは他の仕事で感じることが出来ず、エステの道に再チャレンジする事を決意しました。一生の仕事にするなら本物の技術を身に付けたいと思い就職先を探す中で「エステならトプカピがいいよ」と様々な友人に勧められトプカピの採用試験を受けました。

ステップアップするごとに変化する目標

初めはスタッフとして、様々な技術と知識の習得のために励んでおりましたが、次第に後輩を教える立場、店長になりサロン全体を引っ張る立場になるに従いせっかく手に職をつけるのだから、エステの実力は勿論、自分でサロン運営することになっても繁盛店を作れるくらいの知識と実力をつけたいと次第に考えるようになりました。ここにはそれを学ぶチャンスが沢山あります。社長である庭山について様々な活動への参加や海外での講演サポート、グループサロンの立ち上げに関わるなど他では体験できない経験を沢山させてもらっています。そして今は統括としてグループサロン全体を管理する立場となり、よりトプカピグループが社会にとって更に必要不可欠な存在になるよう日々励んでいます。

大切なスタッフとの関わり

スタッフ同士がお互いに尊重し思い合える関係性だからこそ最高のおもてなしを実現できる。今まで関わる職場の仲間がいたからこそそれぞれのタイミングで自分以上の力を発揮することができ今の自分の立場があると実感しています。
職場で働く仲間、スタッフとの関係性の質で人生の楽しみは大きくかわると思っています。初めてエステティックで働きたい方、一度は諦めたけれど再チャレンジしたいとお考えの方、私たちともっと最高のおもてなしを実現しませんか?


お客様の来店に備え、お迎えできる体制を整えるため、スタッフ全員で細部までチェックして準備。

技術だけでなく、幅広い年齢層のお客様への接し方もアドバイス。

思いを込めてトリートメントを

お部屋のディスプレイ、タオルのたたみ方…。お客様の目に入るものは細部まで気を使い、サロンへ足を運んでくださるすべての方に、質の高い空間とサービスを提供します。

スタッフの発想からから生まれたプライベートブランド

「ペルシアンオイル」は、庭山代表と若いスタッフの意見で生まれ、海外のメーカーに発注したオリジナル商品。様々な商品や技術開発なども常に楽しんで行います。